Impressions

by Toshi Maruyama Photography


南カリフォルニア、サンディエゴにて、平日は、リコンビナント抗体の作成に従事、週末は、主に口コミにて、ウェイディング・ポートレート撮影、物撮り(絵画の複写等)をしております。
by tmphotosandiego
カテゴリ
以前の記事
検索
カテゴリ:自宅フォトスタジオ人物撮影( 33 )
好きな光を求めて。。。
今日も、ライティングの実験です。
わたしの好きな光をハロゲンとストロボで再現したくて、試してみました。
f0025751_13173681.jpg

f0025751_13174899.jpg

f0025751_1318226.jpg

f0025751_1318216.jpg

最初の2枚が、ハロゲン(Photoflex Starlite QL)。下がストロボです(580EX&420EX)。ストロボの写真も、昨日のようには、顔がテカっていません。

最近、いろいろ照明を変えて撮ってみましたが、結局、娘が一番気に入ったのは、今日のストロボを使った条件でした。

というわけで。。。
[PR]
by tmphotosandiego | 2007-03-17 14:02 | 自宅フォトスタジオ人物撮影 | Trackback | Comments(10)
今日は、クリップ・オン・ストロボで。。。
580EXと420EXを使って、娘の写真を撮ってみました。
580EXは、いつもは外でshoot-thruとして使っている白い傘に、黒いカバーを付けて傘バンで(本来の姿)、やや左上方から。420EXは、後ろから、上方に向けて使っています。シロシロなので、ストロボは、補正+1にして使いました。
f0025751_13282629.jpg

右側に、シャドウを和らげるために銀レフを置いてあるので、傘バンのメインに加えて、瞳にもうひとつキャッチライトが入ります。間にある小さな薄暗いキャッチライトは、焦点合わせのための小型ハロゲンです。
f0025751_13285461.jpg

ピクチャースタイルはニュートラル(肌が一番綺麗に見えるので、最近はこればっかりです)。露出は、F5.6に固定。色温度は、やや高めの7000Kを選びました。

こうしてみると、ハロゲンのときは、ソフトボックスを通していたので、描写がソフトで、ストロボの方が、傘バンだけなので、光が回ってきつい感じがしますね。顔がテカッてるのは、ストロボのせいか、若さのせいか(笑)。

今、キノフローのような蛍光灯が流行っているようですが、色温度さえ合えば、ハロゲンと描写はあまり変わらない気がします。どうかな。。。暑いですけどね(^^;)
[PR]
by tmphotosandiego | 2007-03-16 13:56 | 自宅フォトスタジオ人物撮影 | Trackback | Comments(0)
ライティング
今日は、ずっとストロボを調べていました。
時々、グループ撮影の注文も入るし、やはり、ロケーションで撮るのに、クリップオンタイプだけだと、パワー不足や、安定性も不安。
そこで、モノブロックタイプで、ロケーション用にバッテリーパックのあるものを探していました。
でも、Bowens/Calumet(英/米)のキットも良いけど、傘バンだけにしてはちょっと高いし、どうしようかなと思っていたところ、Alien Beesというところのストロボが、某サイトのフォーラムでもなかなかの評判。しかも、カラフルで、お客さん請けも良さそう。ソフトボックスと組み合わせても安いし、パワフルな割りに軽いのも嬉しい。それでも、すぐに購入というわけには行きません。これから、かみさんを説得する作戦を練りますよ(笑)。

ハロゲンライトも活用しています。
一昨日は、娘をモデルにストロボを組み合わせたりしていろいろ試してみました。
左前から、大型ハロゲン。右前下と左上後から、小型ハロゲンという組み合わせです。

そういえば、先日の物撮りのときの、トリアーノさんからのご質問、「物撮りは、Still Lifeか」ということに関して調べてみました。こちらの某写真サイトのカテゴリには、ProductとStill Lifeがあり、やはり、Productでは、普通に物の写真が多く、Still Lifeには、Flowerという部門がなかったからかもしれませんが、物の写真より、花の写真が多く見られました。明確な区別はなく、オーバーラップしているような気がします。

普通にハロゲンだけだと、こういう感じです。色温度は、すべて、ハロゲンの色温度3200Kにあわせています。
f0025751_15153425.jpg


More
[PR]
by tmphotosandiego | 2007-03-14 15:34 | 自宅フォトスタジオ人物撮影 | Trackback | Comments(8)