Impressions

by Toshi Maruyama Photography


南カリフォルニア、サンディエゴにて、平日は、リコンビナント抗体の作成に従事、週末は、主に口コミにて、ウェイディング・ポートレート撮影、物撮り(絵画の複写等)をしております。
by tmphotosandiego
カテゴリ
全体
撮影小道具
自宅フォトスタジオ小物撮影
marine fish & coral
自宅フォトスタジオ人物撮影
屋外人物撮影
ビデオ・アニメーション
フード
旅行
iPhone 4
音楽
スナップ
自宅フォトスタジオ
未分類
UNIQLO CALENDAR
以前の記事
検索
<   2009年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧
Mackerel
f0025751_1414830.jpg

Comment allez-vous?
コマンタレブゥ
Ça va bien!
サバ。。。

ええと、サバって言うと味噌煮とかしめ鯖ですが、脂が多いんで、
こういう風にシンプルにスパイスとオリーブオイルで仕上げても、美味しいんですよね。
何故か、普通のイエローマスタードが合います。
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-04-30 15:24 | フード | Trackback | Comments(2)
SMILE IS SIMPLY THE BEST THAT ONLY A HUMAN BEING CAN DO! (by Toshi)
f0025751_14471152.jpg


BEING THE HAPPY PERSON IS THE MOST IMPORTANT THING IN THE WORLD (by Sally Huss)
[PR]
by tmphotosanDIEGO | 2009-04-29 14:54 | 人物撮影 | Trackback | Comments(4)
Swine Flu
今日は、真面目な話です。。。。あっ、いつも真面目ですが、今日は、特に。。。

今、巷を騒がしている豚インフルエンザ。

人に感染するインフルエンザと豚に感染するインフルエンザ、そして鳥に感染するインフルエンザが混ざったものですが、いったいどの部分がどこに使われているのか、今ひとつわかりにくいですね。
ウイルスが細胞表面に付くのに必要なのがHAと呼ばれる糖タンパクなのですが、これが、ヒト由来なのかどうか、アミノ酸配列を見ましたが、今日は、午後ずっと会社で会議だったので、確認できませんでした。
なぜ、メキシコでの死亡率が高く、海外では低いのかも、謎です。
今日の会議のテーマは別のものでしたが、そうしたウイルスに対する中和抗体を作っている人たちが集まりました。
細菌は抗生物質に抵抗性のある菌が出て来て効かなくなり、ウイルスは変異を繰り返し、中和抗体の網をくぐり抜けようとします。
わたしの曾祖父は、祖母がインドにいた頃、スペイン風邪で亡くなってます。
それから、約90年経った今、様々な抗生物質やワクチンが出来た現代も、人類と感染症の戦いは、終わることがありません。

f0025751_13155816.jpg

写真は、その昔作ったエボラ出血熱の中和抗体が、感染した細胞に結合しているところです。
このウイルスのワクチンもまだ開発されていません。
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-04-29 13:28 | Trackback
Saturday Night Dinner
f0025751_1518817.jpg

Tilapia with mini peppers marinated with honey & soy sauce
Avocado tomato pineapple spinach & nut salad with sesame oil & orange champagne muscat vinegar dressing.

Toshiさんのお手軽料理の時間です。思いっきり手抜きですが(笑)

こちらのスーパーでよく見かけるティラピア(イズミダイ)(註)とミニペッパーを使った炒め物です。

ミニペッパーは、ざっくり切って、電子レンジでチンしておきます。
ティラピアは、スパイスをふんだんに使って馴染ませておきます。
フライパンで強火でざっと炒めてからゆっくり火を通します。
さらに、ミニペッパーを加えてから、蜂蜜と醤油のソースで、絡める様に炒めてふわっと仕上げます。あっ、バジル使うの忘れてた!(^^;

サラダは、ほうれん草(ベイビースピナッチ)に、アボカド、パイナップル、トマトを刻んで、レーズンとナッツのミックスを加えて出来上がり。ドレッシングは、ごま油にオレンジとマスカットのジュースが入ったビネガー、そして、レモンペッパーと唐辛子を加えました。醤油を加えても良かったと思います。

(註)味が鯛に似ていることから、イズミダイと呼ばれお寿司のねたとして出てきますが、全く別物です。白身魚で、味はやや淡白ながら、ソースと一緒にふわっと仕上げると、なかなか美味しく頂けます。わたしは、お刺身で食べるより、火を通した方が好みです。アメリカで養殖されているティラピアは、環境上ベストとされていますが、アジアで養殖されたものは、その方法がオープンなため、逃げ出し在来魚を駆逐する可能性があり、残念ながら避けた方が良いとのことです。
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-04-28 01:21 | Trackback
ホノルル旅行記その5
暖かくなったと思ったら、また涼しくなってきました。
でも、サンディエゴにも、確実に、夏が近づいてきています。
爽やかです(^^)

さて、今回の撮影、普段殆ど素人さん相手のわたしにとって、こういう、非の打ち所のないプロのモデルさんの素顔は、どんな感じなのか?にもとても興味がありました。

まず、話をしてすぐに感じたのは、相手を緊張させないところ。全く、構えたところがない。メールのやり取りで想像していた通り、嬉しいくらい見かけとのギャップがある人だと感じました。

f0025751_13481240.jpg

Model : Eri Aihara (Honolulu, HI, USA)

水着での撮影の後半は、前半とは違って、ちょっとアグレッシブな表情を魅せてくれました。
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-04-27 11:41 | 人物撮影 | Trackback | Comments(2)
Ice Baby
f0025751_311132.jpg

Model : A wannabe baby elephant with the latest issue of National Geographic on a frozen mammoth.
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-04-26 03:02 | 自宅スタジオ小物撮影 | Trackback
Apple on Apple
f0025751_13295865.jpg


Model : Granny Smith Apple landed on MacBook Pro
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-04-25 16:17 | 自宅スタジオ小物撮影 | Trackback
ポートレートとは

f0025751_1511912.jpg

Model : Eri Aihara (Honolulu, HI, USA)

Ekkoさんが、ブログで紹介されているハービー山口さんの ”雲の上はいつも青空”、わたしもすぐに嵌ってしまいました。以前から、ハービーさんの写真は大好きでしたが、このコラムを見て、ますます好きになりました。写真を撮ることに対する姿勢に学ぶところ共感するところが、非常に多いです。

わたしの場合、好きな写真に出会うと、その写真を撮った人の技法以上に、その人が、何を考え、どう被写体に向き合っているのか、どんなことに興味があるのかとか、食べ物は何が好きなのか。。。。とかとか、そうしたことのほうに興味がわいてしまいます。

アラーキーも好きなんですが、持ってる写真集はARAKI by ARAKI のみ、あとは、「眼を磨け」「人間泣かなくちゃ」「全ての女は美しい」と「東京日和」だけ。写真のインパクト以上に、写真について考えていることの面白さ(時々、一貫性のないところがまたいい)の方が、心にに残ってます。

でも、日本でもアメリカでも写真関係の雑誌に、そうしたことに割いてるページって少ないじゃないですか。殆ど、カメラの広告みたいな記事ばかり。それで、スポンサーがついて雑誌として成り立つんだろうけど、日本の写真文化を育てようという気があるのか、疑問に思ってしまいます。

さて、タイトルの、ポートレートとは。。。なんぞや(笑)

わたしが、日頃、モデルさんとの交流の場として使っているサイトがあるのですが、
そこでの自己紹介文として使っているのが、これです。

"I enjoy experimenting new ideas and collaborative work with models. The communication and satisfaction always come first. I try everything to make you feel comfortable in front of the camera.

The portrait photography, I believe, is an improvisational work brought up by the chemistry between the model and the photographer. At the same time it is the most fun activity. So we must have fun at the end of the day! "

なので、ハービーさんが、コラムで、”ポートレートというのは、モデルと写真家とのコラボレーションだ。”というのを見て、とても嬉しくなりました。

ポートレートを撮りはじめの頃は、OK, smile ;-) Good!とか、言っていましたが、最近は、モデルさんの緊張を解く以外の目的には、あまり言わなくなりました。

作った表情でなく、その人の内側のキャラを引き出したいからです。その時の状況に応じて、何も言わなくても、気持ちが、表情やポーズにが出てくる。そして、そこまで持って行く過程が楽しいのです。ホントに、ハッピーな気持ちになって微笑んでくれた時が、自分にとって最高のショットで、きっと、撮られた人にとっても、あとで、記憶に残るショットになると信じています。それは、ファミリーポートレートでもウェディングでもグループ写真でもそうです。真面目なショット以外に、必ず、ふざけた写真を入れる様にしてます。だって、真面目な写真て、あとで見てもつまんないでしょ。でも、真面目な写真の後に撮ったふざけた写真て、何回見ても笑えるんですよね。。。まぁ、場合によっては、後悔する写真もあるかも知れませんが(笑)そうした写真にこそ、そこに写ってる人の本当のキャラが出てくると思うんです。ちょっと照れてる人とか、はめ外す人とか必ずいますよね。

f0025751_1643214.jpg
f0025751_16433279.jpg


自分は、特別、写真のテクニックが人に比べて秀でてるわけでもなく、センスがあるわけでもないと思っています。だから、"被写体の魅力を引き出す"、そのためにしてること、それは、被写体にとことん惚れることです。ただし、わたしが惚れるのは、その人の容姿ではなく、その人のキャラです。

っつうわけで、ポートレートって、やっぱり被写体に惚れること。。。かな?かな?

あ〜ぁ、今日は、Ekkoさんのせいで(本当は御陰様です 笑)、熱く語っちゃいましたよ〜(笑)実は、こうしたことについて、もっと、皆さんと話がしたいと思ってるんですけどね〜。ブログだとなかなかねぇ〜。いや、まぁ、ともかく、Ekkoさん、ありがとうございました(^^)
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-04-24 14:35 | 人物撮影 | Trackback | Comments(2)
ホノルル旅行記その4
昨日辺りから、急に暖かくなってきました。
冬眠していた体を絞るため、このところせっせと体を動かしておりましたが、
この暖かさで、早くも夏バテしそうです(笑)

さて、ホノルル3日目は、待望のEriさんとの撮影が朝早く8時から入ってました。
ホテルの駐車場を出るのにもたついて少し遅れてついた約束の場所で、素敵な笑顔が出迎えてくれました。

内田恒さんの写真で見たEriさんは、瞳がとても印象的な方でした。5フィート8(173cmくらい)というのは知っていましたが、実際会ってみると、プロポーションの良さに、改めてびっくり。顔も小っさぁ!3人に一人は肥満の国に住んで16年になるわたしには、新鮮でした(笑)

f0025751_804977.jpg


コンセプトは、リラックスして自然な表情を大切に、ということで。。。。
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-04-20 06:02 | 人物撮影 | Trackback | Comments(8)
Across The Universe
f0025751_1315581.jpg

Model : Kamaka Ukulele Tenor 4-string HF-3 with a Granny Smith Apple
Inspired by the photographs taken by Mr. Hisashi Uchida

Jake Shimabukuroのニューアルバム、"Across The Universe”。
とっても、いいですよ♪
超お勧め!

全編、ビートルズのカバー。
シンディローパーとヨーヨーマが共演してます。
ウクレレの何ともいえない優しい響きに、心が洗われます。

ジャケットの写真は、内田恒(うちだひさし)さん撮影。
Jakeの写真、めちゃカッコいいです(^^)。
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-04-13 14:54 | 自宅スタジオ小物撮影 | Trackback | Comments(10)