Impressions

by Toshi Maruyama Photography


南カリフォルニア、サンディエゴにて、平日は、リコンビナント抗体の作成に従事、週末は、主に口コミにて、ウェイディング・ポートレート撮影、物撮り(絵画の複写等)をしております。
by tmphotosandiego
カテゴリ
以前の記事
検索
タグ:Canon EOS 5D ( 111 ) タグの人気記事
やっと、一息つきました
サンクスギビング返上でガンバって、もう夜中の3時過ぎなんですけどね(笑)
とりあえず、元気です。
f0025751_3314584.jpg

写真の美女は、楽天のブログ時代からお付き合いさせてただいているジャスミンさんです。
今回、わたしの熱烈なラブコールに答えて下さって、初めて撮影が実現しました。
詳しくは、またね(^^)
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-11-28 20:16 | 屋外人物撮影 | Trackback | Comments(6)
Chocolate
子どもたちの長い長い夏休みも、そろそろ終わりに近づきました。Labor Dayが過ぎると、いよいよ新学期です。今週に入って、夜は大分涼しくなりました。

この長い休みの間、特に、息子は夜更かしがひどくて、今では、ほぼ日本時間で行動しています。
そんな子どもたちの影響で、自分もすっかり夜更かしになってしまいました。
でも、学校が始まったら、また、朝6時起きです。

そんな息子が、近所のBlockbuster Videoで借りて来たDVD。
タイの映画だけど、日本人(阿部寛さん)が出てるよ、というので、へぇ、っと思って見始めて、珍しくはまっちゃいました。タイ語に英語の字幕。やっぱり、吹き替えより字幕の方が雰囲気が出ます。
f0025751_16552034.jpg

とにかく、この主役の子の動きが凄い。
Taekwondoの経験者ということすが、4年ほどかけてトレーニングして、ここまで作り上げたらしいです。
しかし、ハラハラしました。こんなことしなくてもいいのにと思うくらい危ないシーンが多くて。
みんな、命がけか?
案の定、最後のメイキングシーンでは、主役の子を含めて、けが人続出。
だいたい、メチャメチャぶちのめされた連中が、何事もなかったように、また襲いかかってくるのも、ビデオゲームの様で、不自然。もういいよ、この戦いのシーンは、と何度も思いました。
それでも、CGじゃないからこその迫力、やっぱり凄いです、このムービー。

日本では、どう評価されたのでしょう?

撮影道具。。。スポットライト
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-09-03 13:55 | 自宅フォトスタジオ小物撮影 | Trackback | Comments(11)
OLUMPUS PEN 50th Anniversary
最初のPENができてから、今年で、50年経つのですね。
f0025751_1410279.jpg
(これは、去年3月撮影)
f0025751_1416253.jpg
(こちらは、今晩撮影)

今、オリンパスのサイトでは、OLUMPUS PEN 50th Anniversaryを祝ってビデオがアップされています。

米谷美久氏が設計されたペンシリーズ。

わたしは、父の形見のPEN-F('63)と友人から頂いたPEN EE-3('61)を持っていますが、やはり、ハーフサイズで唯一の一眼レフのPEN-Fは、金属ボディで持った時のずっしりした感じもいいし、機能的にもデザイン的にも、今でもこれに勝るものがない位凄いと思います。付属しているライトメーターもバランスよいし、何と、スタジオ用のストロボのトランスミッターも装着できます。そして、そのまま構えて、縦位置で撮れる嬉しさ。ポートレートを撮る人には、とても歓迎されたに違いありません。
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-06-04 15:08 | 自宅フォトスタジオ小物撮影 | Trackback | Comments(6)
memorial day weekend
この週末は、毎年恒例、UCSD主催の空手のトーナメントでした。
7時間に及ぶハードな撮影を終え、しばし、休息しております。
f0025751_2112756.jpg

写真は、今朝の朝ご飯から。
スモークサーモンとベイビー・スピナッチのオムレツ。。。オムレツ暦20年、これだけは得意なんです(笑)
サラダは、レタス、キュウリ、トマト、アボカド、ブロッコリ、ニンジン、ホワイト・マッシュルーム、そして、キッドニー・ビーンズ。冷凍のワッフルにブルベリーソースとメイプルシロップ。コーヒーは豆乳入りです。フルーツとヨーグルトもいただきます。
栄養のバランスには、気を使ってます(^^)
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-05-26 02:21 | Trackback | Comments(8)
ホノルル旅行記その6
今週末は天気もよく、外を歩いていても気持ちがいいです。
このところ、冬に蓄えた分を吐き出すため、一日おきに筋トレとランニングを続けています。
でも、つい食べ過ぎて、体重はむしろ増えているかも。。。。それじゃだめじゃん(笑)

さて、ホノルル3日目の続きです。
先ほどまでのビーチを後にして、桟橋に移動しました。
f0025751_13462824.jpg

ポラドロイドにしたもとの写真です。
明るいサンドレス。表情も、水着の時と全然違います。
改めて、写真を見て、Eriさんの表情の豊かさに感嘆してます。
一人で、何役もキャラクターを演じ分けられる方です。

実は、この写真、普段、モノブロックのストロボを使ってやっている日中シンクロ(って言うんですよね?)の簡易版をクリップオンストロボを延長コードにつないでやっていたのですが、見事に、ストロボが発光せずに、そのまんまの写真になってしまいました。。。はははっ。
早い話、失敗作なんですが。。。露出補正してみたら。。。いいじゃん。。。
優しい表情に似合ってる。。。。小手先のテクに走らない方がいい、という見本です(笑)
結果的に、わたしにとって一番好きな笑顔の、お気に入りの写真になってしまいました♡

ストロボを使った写真とそうでない写真て、感覚的にはエレキとアコースティックギターくらい違う感じがします。この日のEriさんは、UNPLUGGED。アコースティックなまま、通すべきだったかも知れません。

ところで、今回の撮影、普段の癖で、アップの時はやや上から(女性は可愛く見えますしね)、引きの時はやや下から(スタイルよく見えますからね)、ってやっていたんですが、ふとその必要がない、いや、そうしない方が自然なことに気がつきました。。。(笑)

光はシンプルな方がいいですね(^^)
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-05-04 13:53 | 屋外人物撮影 | Trackback | Comments(11)
ホノルル旅行記その5
暖かくなったと思ったら、また涼しくなってきました。
でも、サンディエゴにも、確実に、夏が近づいてきています。
爽やかです(^^)

さて、今回の撮影、普段殆ど素人さん相手のわたしにとって、こういう、非の打ち所のないプロのモデルさんの素顔は、どんな感じなのか?にもとても興味がありました。

まず、話をしてすぐに感じたのは、相手を緊張させないところ。全く、構えたところがない。メールのやり取りで想像していた通り、嬉しいくらい見かけとのギャップがある人だと感じました。

f0025751_13481240.jpg

Model : Eri Aihara (Honolulu, HI, USA)

水着での撮影の後半は、前半とは違って、ちょっとアグレッシブな表情を魅せてくれました。
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-04-27 11:41 | 屋外人物撮影 | Trackback | Comments(2)
Apple on Apple
f0025751_13295865.jpg


Model : Granny Smith Apple landed on MacBook Pro
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-04-25 16:17 | 自宅フォトスタジオ小物撮影 | Trackback
ポートレートとは

f0025751_1511912.jpg

Model : Eri Aihara (Honolulu, HI, USA)

Ekkoさんが、ブログで紹介されているハービー山口さんの ”雲の上はいつも青空”、わたしもすぐに嵌ってしまいました。以前から、ハービーさんの写真は大好きでしたが、このコラムを見て、ますます好きになりました。写真を撮ることに対する姿勢に学ぶところ共感するところが、非常に多いです。

わたしの場合、好きな写真に出会うと、その写真を撮った人の技法以上に、その人が、何を考え、どう被写体に向き合っているのか、どんなことに興味があるのかとか、食べ物は何が好きなのか。。。。とかとか、そうしたことのほうに興味がわいてしまいます。

アラーキーも好きなんですが、持ってる写真集はARAKI by ARAKI のみ、あとは、「眼を磨け」「人間泣かなくちゃ」「全ての女は美しい」と「東京日和」だけ。写真のインパクト以上に、写真について考えていることの面白さ(時々、一貫性のないところがまたいい)の方が、心にに残ってます。

でも、日本でもアメリカでも写真関係の雑誌に、そうしたことに割いてるページって少ないじゃないですか。殆ど、カメラの広告みたいな記事ばかり。それで、スポンサーがついて雑誌として成り立つんだろうけど、日本の写真文化を育てようという気があるのか、疑問に思ってしまいます。

さて、タイトルの、ポートレートとは。。。なんぞや(笑)

わたしが、日頃、モデルさんとの交流の場として使っているサイトがあるのですが、
そこでの自己紹介文として使っているのが、これです。

"I enjoy experimenting new ideas and collaborative work with models. The communication and satisfaction always come first. I try everything to make you feel comfortable in front of the camera.

The portrait photography, I believe, is an improvisational work brought up by the chemistry between the model and the photographer. At the same time it is the most fun activity. So we must have fun at the end of the day! "

なので、ハービーさんが、コラムで、”ポートレートというのは、モデルと写真家とのコラボレーションだ。”というのを見て、とても嬉しくなりました。

ポートレートを撮りはじめの頃は、OK, smile ;-) Good!とか、言っていましたが、最近は、モデルさんの緊張を解く以外の目的には、あまり言わなくなりました。

作った表情でなく、その人の内側のキャラを引き出したいからです。その時の状況に応じて、何も言わなくても、気持ちが、表情やポーズにが出てくる。そして、そこまで持って行く過程が楽しいのです。ホントに、ハッピーな気持ちになって微笑んでくれた時が、自分にとって最高のショットで、きっと、撮られた人にとっても、あとで、記憶に残るショットになると信じています。それは、ファミリーポートレートでもウェディングでもグループ写真でもそうです。真面目なショット以外に、必ず、ふざけた写真を入れる様にしてます。だって、真面目な写真て、あとで見てもつまんないでしょ。でも、真面目な写真の後に撮ったふざけた写真て、何回見ても笑えるんですよね。。。まぁ、場合によっては、後悔する写真もあるかも知れませんが(笑)そうした写真にこそ、そこに写ってる人の本当のキャラが出てくると思うんです。ちょっと照れてる人とか、はめ外す人とか必ずいますよね。

f0025751_1643214.jpg
f0025751_16433279.jpg


自分は、特別、写真のテクニックが人に比べて秀でてるわけでもなく、センスがあるわけでもないと思っています。だから、"被写体の魅力を引き出す"、そのためにしてること、それは、被写体にとことん惚れることです。ただし、わたしが惚れるのは、その人の容姿ではなく、その人のキャラです。

っつうわけで、ポートレートって、やっぱり被写体に惚れること。。。かな?かな?

あ〜ぁ、今日は、Ekkoさんのせいで(本当は御陰様です 笑)、熱く語っちゃいましたよ〜(笑)実は、こうしたことについて、もっと、皆さんと話がしたいと思ってるんですけどね〜。ブログだとなかなかねぇ〜。いや、まぁ、ともかく、Ekkoさん、ありがとうございました(^^)
[PR]
by tmphotosandiego | 2009-04-24 14:35 | 屋外人物撮影 | Trackback | Comments(2)
Happy Holidays! (December 24, 2008)
今年も、あとわずか。
今日から、子どもたちは冬休み。のんびりしてます。
娘は、Fall Out Boyのコンサートを見にでかけ、息子は、友だちと映画。
わたしは、。。。相変わらず。
写真は、娘の通う高校のコーラスグループが、今週やったホリデイコンサートのときのもの。
この前のはじけた子たちです。

f0025751_14425778.jpg

f0025751_16373971.jpg


More
[PR]
by tmphotosandiego | 2008-12-21 16:03 | 屋外人物撮影 | Trackback(1) | Comments(22)
ジャンプ
f0025751_16525328.jpg

こちらでは、Yearbookと言って、毎年学年末になると、卒業アルバムのような写真集が生徒に配られます。卒業アルバムと違うのは、同級生だけでなくて、全ての学年の写真が一緒である点です。
娘は、高校のコーラスグループに属しているのですが、彼らのYearbook用の写真を、去年から撮らせてもらっています。
おすましした写真も勿論撮っていますが、こんな写真も使ってもらえたらな、って思ってます。
(28 mm, F13, 1/160, ISO100, AlienBees 1600 through an Octabox and 800 through a white umbrella, Full Power)
[PR]
by tmphotosandiego | 2008-12-05 17:02 | 屋外人物撮影 | Trackback | Comments(12)