人気ブログランキング |
Impressions

by Toshi Maruyama Photography

比べてみました。。。you are the apple of my eye♪
オクタボックスと傘2種類、そして、クリップオンストロボに付けられるミニチュアソフトボックスと色々比べてみました。

まずは、オクタボックスのモデリングランプと実際にフラッシュを焚いた写真の比較。

モデリングランプは、周りの光が入って色バランスも多少異なりますが、リンゴに出たハイライトの柔らかさは、当たり前ですが同じに出ました。
f0025751_14172656.jpg
f0025751_1418175.jpg


次は、例のパラボラアンブレラ。
光は均一ですが、拡散させないため、結構ハイライトがきつく出ました。でも、影はこちらの方が柔らかいかも。
f0025751_14192937.jpg


そして、普通のアンブレラ、パラボラより拡散するため、ストロボの出力を上げてます。
その分、ハイライトは、柔らかく、パラボラとオクタボックスの中間くらいになりました。影も、一番柔らかいですね。
f0025751_14205559.jpg


ここまで、AlienBeesのB1600 (640WS)使用。

最後は、クリップオンストロボに付ける、小型のソフトボックス。
f0025751_14214541.jpg


大きさが小さいので、ハイライトは小さいし影も強く出ていますが、リンゴ自体に当たった光はオクタボックスに負けないくらい、柔らかいです。
f0025751_14223860.jpg
f0025751_14225242.jpg

Photoflexからでていますが、最近では、オクタボックスも出ているようです。
結婚式やパーティーでの撮影に重宝しそうです。

モデリングランプのみ1/4秒、F5.6。ストロボは1/125秒、f5.6にて。
by tmphotosandiego | 2009-08-25 14:28 | 撮影小道具 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://tmphotosan.exblog.jp/tb/11801840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by land_walker at 2009-08-26 00:14
面白い比較ですね☆
オクタボックスのモデリングランプの色合いが特徴的ですね。
彩度が上がっているように見えるのですが、、、コレは周りの色の加減でしょうか。。。

グラスなど透明感重視とか、服や金属・木細工など表面部分の質感重視とか、それぞれの光に微妙な特徴があって、いろいろ楽しめ (悩め?) そうですね。^^

↓ のギター拝聴しました☆
初めて聴く曲でフレーズに合わせて試行錯誤。。。 僕にはとうてい無理な芸当です。^^;
Commented by tolliano_papan at 2009-08-26 09:01
おはようございます^^;

また面白そうなもんを見てしまいました♪
こういうのワンセットあると楽しそう〜^^;
Commented by tmphotosandiego at 2009-08-26 14:39
jojoさん、こんばんは。
せっかく色々あるので、やってみました(笑)
結果は、大して違わない、されど、その小さな違いが大事かも?
モデリングランプはハロゲンなので、ホワイトバランスが、全く違ってるし、彩度が高く見えるのもそのせいかも知れませんね。
仰る通りで、素材に合わせて、表現を変えるために使い分ける様にしなくてはいけませんね。。。
とは、いうものの、そこが難しいんですよね(^^;
ギターも、なかなか、思ったようなフレーズが出てこなくて、試行錯誤を繰り返してます。
Commented by tmphotosandiego at 2009-08-26 14:43
トリアーノさん、こんばんは。
光を色々操作するのが好きなんで、結構楽しくやってます。
おもちゃですね(笑)
一つ忘れたのが、そのまんま白い壁に反射させる方法です。
想像では、これが、一番柔らかくメリハリのない絵になるはずです。
<< SF旅行記 1日目 その1 ホノルル旅行記その8(最終日) >>